2012年06月12日

F1 2012 Canada


SnapCrab_NoName_2012-6-12_0-23-39_No-00.jpg

運も実力のウチ、、、というのが本当なら、ペレスには運(実力)があって、可夢偉には運(実力)が無い・・・?

「もしかして粘って生き残れば優勝できるかも・・・?」と夢を見て、ピットインを引っ張ったアロンソとベッテル。
しかし、予想通りズルズルと崩れるアロンソとベッテルのタイヤ。。。
アロンソとベッテルがまともに2位争いをしてれば、普通のタイミングで普通にピットインして、普通に2位・3位だったはずのところ、トップチームとは思えない賭け。
そんなグダグダのチャンピオン経験者を抜き去って、グロージャンとペレスが表彰台に・・・。

ザウバーのポイントゲットは嬉しい話だけど、やっぱりペレスばかりが表彰台に乗るのは、ちょっと複雑な気分ですね。
終わった後だから何とでも言えるけど、可夢偉もペレスと同じピット戦略なら、ザウバーで表彰台2位・3位だってできたんじゃないの?とかね。

しかし!
今シーズン7戦目にして、7人目の勝者。今回はハミルトン。
この異常な混戦はいつまで続くかわからないけど、、、8戦目で8人目の勝者は可夢偉だよね!?

【F1の最新記事】
posted by Saku at 2012/06/12 00:40
| Comment(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。